close
prev
next

矢板IC (東北道)のキャンプ場(8件)

林間ACNサンタヒルズ
ACNサンタヒルズ

豊富なコテージがいっぱい

キャンプサイトは、2つのロケーションに分けられている。雑木林の木漏れ日が気持ち良く、サイト間の広葉樹が程良い天然の境界線となる林間サイトと、基本的に四角く区切られレイアウトしやすい平地に並んでいる広々サイトがあり、どちらも1区画約100㎡とゆったり。特徴の異なる2種類のサイトを使い分けられるのが、ビギナーからベテランまで幅広く支持されている理由だろう。宿泊施設は、幻想的な雰囲気の個性豊かな手作りのコテージやツリーハウスが計20棟点在。ワンちゃん連れに絶大な人気を誇るドッグラン付きコテージは、すぐに予約で埋まるので、早めの予約がおすすめ。共用のドッグランもあり、宿泊者であれば無料かつ、ほぼ貸し切りで使用できる。「サンタクロースの家」はサンタクロースやこびとたちが住んでいる様子をイメージして建造された。泊まる価値大だ。
🏕️ 栃木県 » 喜連川¦🚙 東北道 » 矢板IC
林間那須いなか村オートキャンプ場
那須いなか村オートキャンプ場

直焚き火OK!ワイルド派におすすめのフィールド

那須の南側に位置しており、静かな雑木林のなかにある。場内に立ち並ぶ背の高い樹木は迫力があり、圧倒されてしまうほどだ。木の香りがただよう場内で、焚き火をしながら鳥や虫の鳴き声に耳をかたむけ、リラックスしたキャンプを満喫したい。オートキャンプサイトは70区画あり、そのうち6区画にAC電源を完備している。また、キャンピングカーでも対応可能なサイトが1区画ある(予約時に要問い合わせ)。場内のお風呂は温泉ではないが、露天風呂もある(有料)。本誌のクーポン特典として、炭か薪を1つプレゼントしてくれる。
🏕️ 栃木県 » 那須烏山¦🚙 東北道 » 矢板IC
林間キャンプランドなまずっこ
キャンプランドなまずっこ

めずらしいナマズ料理が1年中味わえる

ナマズの養殖をしていた地元の農業者たちが、地域の活性化を図るために手作りしたキャンプ場。レストランではめずらしいナマズの天ぷらや唐揚げを1年中食べることができる。大自然の中にあり、周囲に街灯はほとんどなく、天気が良い日には満天の星空を見ることができる。オートサイトの規模は小さいものの、広い敷地にそれぞれ独立して配置されているので、ゆったりと使えるのがうれしい。キャンピングカーサイトや8人用のコテージも3棟ある。毎週水曜は定休だが、予約は留守番電話でも受け付けている。
🏕️ 栃木県 » 那珂川町¦🚙 東北道 » 矢板IC
林間尚仁沢アウトドアフィールド
尚仁沢アウトドアフィールド

ドッグランやフィッシングも充実のフィールド

高原山の麓、名水尚仁沢湧水が近くにあり、フィッシングとドッグランを中心に楽しめる総合アウトドア施設。湖を囲むようにサイトが点在する。ドッグフリーサイトではノーリードで愛犬と過ごすことができ、林間に大型ドッグランもある。各サイトは独立し、プライベート感を保ちつつ、ゆっくりと過ごせる。シルバーレイクではカヌーやフィッシング、多目的池ではサカナのつかみ取りのほか、スモークボックスやサカナの塩焼き場など、フィッシングとキャンプを思う存分満喫。尚仁沢湧水でいれたコーヒーは絶品だ。
🏕️ 栃木県 » 塩谷¦🚙 東北道 » 矢板IC
予約OK林間オートキャンプ場太陽の丘
オートキャンプ場太陽の丘

自然に囲まれたこぢんまりとしたキャンプ場

自然に恵まれた喜連川の市街地を見下ろす高台にある。樹木が生い茂る場内は、夏は涼しく、冬は日当たりが良いので過ごしやすい。各サイトは砂地で水はけが良く、サイト間にグリーンベルトが設けられていてプライバシーが守られるように作られている。AC電源付きサイトも5区画ある。管理棟には家族風呂を完備している(有料)。
🏕️ 栃木県 » 喜連川¦🚙 東北道 » 矢板IC
林間南那須オートキャンプ場
南那須オートキャンプ場

階段状のサイトとオーナーの心配りがうれしい

南那須の小高い丘の上にあり、その地形をうまく利用した階段状のサイトは、ヤマザクラやクリなどの雑木林に囲まれレイアウトしやすく、静かで落ち着ける。炊事棟には給湯器が備えてあるなど、オーナーの細やかな配慮が感じられる。また、雨の日でも退屈しないようにと、コミック本を集めた読書棟があり、蔵書は1000冊を超える。焚き火は、ほかのキャンパーに迷惑をかけなければ直焚き火も可能で、比較的自由度の高いキャンプ場だ。近くの鹿の子畑直売所では、地元の採れたて野菜を買うことができる。ペットもOKだ。
🏕️ 栃木県 » 那須烏山¦🚙 東北道 » 矢板IC
林間喜連川ファミリー・キャンプ場
喜連川ファミリー・キャンプ場

ファミリーとカップル限定で落ちついて過ごせる

喜連川の中心地から北東に10分ほど入った、南向きの静かな丘陵地に位置。木立を自然のままに残したキャンプサイトはとても居心地がいい。長いキャンプ歴をもつオーナーの自然へのこだわりが、そこかしこに生かされている。静かにくつろげる環境を維持するため、グループおよび団体の利用は不可。訪れたキャンパーがのんびり過ごせるようにと、チェックインが10時から18時、チェックアウトが翌日の15時までとゆったり設定されているのも特徴だ。また、合計年齢が88歳を超える夫婦には割引がある(土曜・日曜、夏休みや連休をのぞく)。デイキャンプは12月~3月のみ可能。
🏕️ 栃木県 » 喜連川¦🚙 東北道 » 矢板IC
高原ACNオーキャン宝島
ACNオーキャン宝島

ワンちゃんキャンパーの聖地

東荒川ダムの上、高原山中腹を水源とする日本名水百選の尚仁沢名水が湧き出る高原山麓に位置し、都心が近い割に自然が深いキャンプ場。スギの木立に囲まれたオートサイトは10区画、段々状の平坦地で、地面は砂利。全てのサイトにAC電源が付いてる。ワンちゃんと一緒にゆっくりした1日をノーリードで過ごせるドッグフリーサイトは全部で30区画。ほとんどにAC電源と流し台が付き、なかでもリバーサイドの「オウルの森」にあるドッグフリーサイトがイチオシだ。「ワンワン広場」はウッドチップを敷いたドッグラン。ほかに、遊具が設置された「ワンパク広場」やブランコがある「冒険の森」など、施設も充実。朝の焼き立てパンもうれしい。連休、夏休み以外の毎週水・木は定休日。10%OFFクーポンは、1グループ1泊500円のみOFFの利用となる。宿泊施設のチェックインは14時から。
🏕️ 栃木県 » 塩谷¦🚙 東北道 » 矢板IC

オススメ!予約できるキャンプ場

予約OK川岸グリーンプラザみやま
グリーンプラザみやま

自然豊かなキャンプ場で自分にあった楽しみ方を

美しき山々と穏やかな清流、満天の星空、豊かな自然が広がるキャンプ場。コテージのみ年中無休で営業している。AC電源付きのサイトは6区画、キャビン付きは2区画保有。アーリーチェックインは予約不要で12時から1500円可能である。レイトチェックアウトは事前予約が不可の為、注意が必要。シャワーはコイン式で3ブースあり、3分100円。ペット同伴での宿泊は不可なので要注意。コテージ村にはBBQハウスもあり、8名以内での利用が可能。バリアフリータイプのコテージもあるので、どんな人でも宿泊が可能だ。
🏕️ 岐阜県 » 美濃¦🚙 東海環状道 » 関広見IC
もっと見る

『 ガルビィ 』&『オートキャンプ場ガイド』

アウトドア達人のこだわりギア満載!ガルビィ1月号の特集は?
アウトドア達人のこだわりギア満載!ガルビィ1月号の特集は?
こだわりすぎて伝わらない?? アウトドア偏愛選手権ブラックに光沢あるカッパーゴールドが特徴のやたら文字がデカい表紙が目印巻頭特集では、いろんなアウトドアの達人のこだわりキャンプスタイルを大特集。愛とこだわりの愛用ギア、クルマ、バイクなどなどを紹介します。達人のキャンプギアの使い方から、学べることもいっぱいです。さらにはアウトドアメーカーの新製品も熱く紹介したりと、多彩な内容の特集になっています。来年のキャンプに向けて、何を買おうか?なんて思いを馳せながら読むのも楽しいかもしれません。ぜひ読んでみてください。試し読み・購入は富士山マガジンサービスへhttps://www.fujisan.co.jp/product/464/new/
 ガルビィプラス
ガルビィ1月号12月8日(金)発売!
ガルビィ1月号12月8日(金)発売!
冬シーズン到来です! 巻頭特集は「こだわりすぎて伝わらない??(けど伝えたい)」アウトドア偏愛選手権」。アウトドアの達人たちが愛用しているギアやアウトドア愛をどーんと紹介します。つい欲しくなってしまいそうなものもあれこれ登場。2024年のお買い物を考えるのも楽しいし、達人たちの道具やキャンプ話は参考になることも詰まっています。 もちろん雪の中でのキャンプを心待ちにしているドハマリな方には、雪の車中泊をご提案。一方「真冬のキャンプはハードル高すぎて・・・・・・」という方には、珍しい種類の宿泊ができるキャンプ場やグランピング施設を集めてみました。テントに泊まるばかりがキャンプじゃないですよ!ほかにも、冬の夜長にランタンを愛でてみたり、チャックボックス(アウトドアの料理道具をまとめて運べるボックス)を作ってみたり、など多彩な記事を盛り込みました。 冬だってキャンプはトピックスがいっぱいです。家にこもっていないで、アウトドアのフィールドへ飛び出しましょう!試し読み・購入は富士山マガジンサービスへhttps://www.fujisan.co.jp/product/464/new/
 ガルビィプラス
AKB48がアウトド料理に初挑戦!ガルビィ10月号発売です!
AKB48がアウトド料理に初挑戦!ガルビィ10月号発売です!
TV番組「AKB48、最近聞いたよね…」とガルビィがコラボしました!アウトドア・キャンプマガジン「ガルビィ」10月号が発売になりました。巻頭特集は「キャンプ飯・アウトドア料理」です。なんと、AKB48が登場!初めてのアウトドア体験に挑戦しています。2チームにわかれて、キャンプ料理対決をしてみたり、テントを建ててみたり・・・・・・と初めての経験に果敢にチャレンジしています!アウトドアメーカーのロゴスのギアを駆使して、四苦八苦しながらも楽しくキャンプし様子は番組でも放映されました。料理対決の結果は、ガルビィ誌上で発表でも!!番組ではどっちが勝ったかまでは放映されなかった料理対決の結果が、誌面で発表しています。ぜひ勝敗の結果も含め、はじめてキャンプの様子を読んでみてください。ご購入はこちら【あわせて読みたい】「最強の悪天候対策」上級キャンパーはみんなやってるタープの設営テクニックを紹介!「かっこよすぎる」キャンプガチ勢が利便性を徹底追及した究極のギアセットとは!?「天才すぎる」ギア研究家が厳選したアウトドアの7つ道具が優秀すぎた…!【別注!】キャンプツーリングに最適な”男”のセット(送料無料今月末まで)
 ガルビィプラス
もっと見る

PR block

page top