close
prev
next

上信越道 (上信越自動車道)のキャンプ場(26件)

林間ライジングフィールド軽井沢
ライジングフィールド軽井沢

軽井沢の国立公園内にあるアウトドアリゾート

ソロからファミリー、カップルまで、様々なニーズに対応した7つのキャンプベースが揃う。電源付オートサイトの「センターフィールド」、電源付林間サイト「スウィートフィールド」、森でワイルドなキャンプができる電源無し「野営フィールド」、直火可能なソロキャンプエリア「ブッシュクラフトフィールド(要講習受講)」、ウッドデッキにオリジナルテントが常設された「タタンカ」(夏季)、電源付き&車乗り入れ可の「リッジロジ」、浅間山が一望できる電源なしフリーサイト「スカイフィールド」など、盛りだくさん!
🏕️ 長野県 » 軽井沢¦🚙 上信越道 » 碓氷軽井沢IC
高原CREST®
CREST®

標高・約1100mの高原にある雄大なフィールド

浅間山が眼前に広がるロケーション。2ルームテント+オープンタープも余裕を持って広げられる約130㎡のサイトで、ゆったりとキャンプが楽しめる。芝生サイトはAC電源付きもあり、キャンプスタイルに合わせて選べる。林間フィールドは地面での直火が可能。冷蔵庫や扇風機など設備も充実した3棟のキャビンは、屋根のあるウッドデッキ付きで雨でも安心だ。場内にシャワーが設置されているが、周辺には入浴施設が多数ある。1日限定20組で広大なエリアを思い思いに想像して開拓するHAYフィールドが2022年にオープン。
🏕️ 群馬県 » 吾妻¦🚙 上信越道 » 碓氷軽井沢IC
高原オートキャンプきたかる
オートキャンプきたかる

バリエーション豊かなサイトが楽しめる

浅間山北東麓、ハイロン湖近くに位置する。から松サイト、芝のサイト、花のサイト、森のサイトなど、エリアに分かれたオートキャンプサイトはそれぞれ違った雰囲気となっている。キャンパーは好きなサイトを選ぶことができる。7月には朝の手作りパンの販売があり、7月中旬~10月は、1カゴ500円でトマトやきゅうりなど、野菜を好きなだけ収穫できるサービスもある。
🏕️ 群馬県 » 北軽井沢¦🚙 上信越道 » 碓氷軽井沢IC
予約OK林間-be-北軽井沢キャンプフィールド
-be-北軽井沢キャンプフィールド

浅間高原の大自然に癒されるキャンプ場

「素の自分に戻れるキャンプ場を」がコンセプトで、キャンプを丸ごと楽しむためのキャンプ場。ファミリー、親子、デュオ、ソロと、キャンプスタイルに縛られずに穏やかに過ごせるサイト設計を目指している。場内には、広々とした雰囲気の芝生エリア、新緑や深緑を楽しめる林間エリア、少人数で穏やかに過ごせる自然エリアがある。春は新緑、夏はカラッと過ごしやすく、秋は紅葉も楽しめる。白樺、赤松、唐松、モミの木など、平地とは異なる樹種が多い。たくさんの鳥やリスなどの野生動物が訪れる、静かな場所だ。
🏕️ 群馬県 » 北軽井沢¦🚙 上信越道 » 碓氷軽井沢IC
林間八風平キャンプ場
八風平キャンプ場

ICから約2分の好立地、軽井沢観光に◎

軽井沢ICより約2分、軽井沢までクルマで約20分の好立地。芝サイト・林間サイト・野営地を備えた山岳キャンプ場、ソロもファミリーもエリア別に楽しめる、max30時間ロングステイ、キャンセル無料。給湯炊事棟が2ヶ所、トイレは受付棟を含めて3ヶ所(冬期営業時を除く)。売店では、薪・ガスなどの燃料や小物も揃う。ゴミ引取(有料)、大型犬OK。半額で楽しめるデイキャンプ(2200円~、9時半~17時)、日帰りBBQ(6500円~)、野営「森ソロ」(1600円~、12時~翌11時)など楽しみ方様々。インスタグラム(@happudaira_camp_official)。
🏕️ 群馬県 » 安中市¦🚙 上信越道 » 碓氷軽井沢IC
高原菅平高原ファミリーオートキャンプ場
菅平高原ファミリーオートキャンプ場

川遊びもできる広々サイトでゆったり

夏でも平均気温が20度以下という過ごしやすい気候で、避暑地としても絶好の菅平高原。また、名峰・四阿山や根子岳が望める美しいパノラマは、まさに自然に親しむ環境として最適。場内はオートサイトとフリーテントサイトに分かれている。場内の多目的広場には、3000㎡の芝原が広がり、ゆったりとくつろげる。
🏕️ 長野県 » 菅平高原¦🚙 上信越道 » 上田菅平IC
高原くるみの森キャンプ場
くるみの森キャンプ場

丁寧に作られたアットホームなキャンプ場

標高1000mに立地し、大きな樹木に囲まれているので、夏は高原ならではの気候で過ごしやすい環境だ。オーナーの手によって、各施設が愛情たっぷりに作られている。14棟あるバンガローもとても清潔に保たれている。屋根付きBBQ棟もあるので、雨の日でも安心して利用できる。場内の売店で購入できるものは木炭や着火剤、氷や調味料など豊富に取り揃えている。レンタル用品も充実しているので、忘れものがあっても大丈夫。スーパーやコンビニが近く、食料調達にも困らない。ペットの宿泊も可能。
🏕️ 群馬県 » 北軽井沢¦🚙 上信越道 » 碓氷軽井沢IC
草原無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場
無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

余分なものを省き自然そのものを満喫

四阿山東麓のバラギ湖畔にあり“そのままの自然を、そのまま楽しむ”という思いのもと無印良品が手がけるキャンプ場。アウトドア経験豊富なスタッフが24時間体制でキャンプ場に常駐し、初心者も安心のサポート体制。キャンプサイトは約200あり、1区画が13.5×13.5mと広々。いずれのサイトも高原の高台に位置し、眼前には雄大な四阿山を、眼下にはバラギ湖を望む抜群のロケーション。売店では各種燃料、食料、日用品のほか、レンタル用品も揃う。料金はエリアによって変わるので要確認。最新の情報は来場前にHPでご確認を。
🏕️ 群馬県 » 嬬恋¦🚙 上信越道 » 碓氷軽井沢IC
高原ACNあさまの森オートキャンプ場
ACNあさまの森オートキャンプ場

浅間山麓の静かな森

浅間山の南麓、上信越高原国立公園の豊かな自然に恵まれたキャンプ場は、標高1100mの高原に位置するので、夏は避暑地に最適。小諸ICからクルマで10分、軽井沢ICからクルマで30分とアクセスも良い。プライベート感のあるオートサイトは40サイトで、1区画が10×10mとゆったりしていて広々。ダブルサイトもあり、AC電源付きサイトは8区画ある。宿泊施設はウッディなログキャビンが4棟。リードでつなげばペット同伴もOK。場内にはリスや小鳥、アサギマダラなどのめずらしいチョウが訪れ、自然観察にはうってつけ。アットホームな雰囲気が魅力だ。自然を守るため、炊事場での合成洗剤は使用禁止なので注意が必要。純せっけん洗剤を持って行こう。ない場合は備え付けの重曹と温水を使用すること。なお、オートキャンプ指導者の資格を持つ管理人がいるので、初心者でも安心だ。
🏕️ 長野県 » 小諸¦🚙 上信越道 » 小諸IC
林間犬と泊まれるコテージ&オートキャンプ場 ミリーズ・ラブ
犬と泊まれるコテージ&オートキャンプ場 ミリーズ・ラブ

ワンちゃん連れキャンパーの夢をかなえた広々空間

旧軽井沢から約40分、群馬県・嬬恋村にある広々としたワンちゃんのためのオートキャンプ場。緑あふれる標高1080mに位置する。空気が澄みきっており、人間はもちろんワンちゃんにとっても居心地のよい環境。1棟限定の広々としたコテージには、最大で8名分の寝具や食器が設置されている。また、150坪の専用ドッグランやBBQスペース、ドッグカフェなど設備も充実。デイキャンプから宿泊まで対応しており、ワンちゃんと一緒に周りに気兼ねなく、のんびりとキャンプライフを楽しむことができる。
🏕️ 群馬県 » 鹿沢高原¦🚙 上信越道 » 碓氷軽井沢IC
高原北軽井沢スウィートグラス
北軽井沢スウィートグラス

自然に囲まれたフィールドで想像力を刺激する

「365日フィールドを表現する」をテーマに、四季折々の自然の中で誰もが心地良いと感じられる空間創りを実践している。家族連れに人気の「コテージトントゥの庭」は、美しい庭とロフトのハンモックに遊び心を感じる。グループ向けの「ファイヤーサイドコテージ」は薪ストーブを中心に3タイプの火をとことん楽しめる。ドッグラン付きの施設も数種あるので、愛犬とのびのび過ごすことができる。コテージとキャビンは全棟に薪ストーブを完備。レンタル品も充実しているので、雪中キャンプに挑戦するのもいいだろう。
🏕️ 群馬県 » 北軽井沢¦🚙 上信越道 » 碓氷軽井沢IC
高原ASAMA Park Field
ASAMA Park Field

直火OKサイトも! 浅間山が目の前に広がる

自然公園「長野原町営 浅間園」内にあり、雄大な浅間山が目の前に広がるキャンプ場。フリーサイトは、開放的な野原エリアと木々に囲まれた林間エリアの2つから選ぶことができる。そのほか、直火OKなサイトや、約4×2mのウッドデッキを備えたサイトもある。シャワーはコイン式ではないので、何度でも無料で利用できるのがうれしい。また、ドッグランがあり、愛犬とのキャンプも楽しめる。標高が高く、夏場でも朝晩は少し冷え込むため、防寒対策は忘れずに。アーリーチェックインは9時より利用できる(有料)。
🏕️ 群馬県 » 嬬恋¦🚙 上信越道 » 碓氷軽井沢IC
高原戸隠キャンプ場
戸隠キャンプ場

広いフィールドでお気に入りの場所を見つけよう

敷地面積約22.5haを誇るキャンプ場は、夏でも涼風が吹き抜ける。フリーサイトでは200台以上のオートキャンプが可能(予約優先・チェックイン10~12時)。さらに、130㎡の区画サイトが35区画、200㎡の電源水道付きのサイトが8区画ある(要予約・チェックイン12時)。地面は芝で、ペグダウンは容易。宿泊施設も、別荘感覚のコテージ、白樺林のバンガローのほか、ログキャビン、プレミアムテントサイトもあり。バリアフリー対応のトイレやシャワー棟など設備も高規格だ。広いドッグランもある。チェックインの時間は季節によって変動があるので、事前に確認を。
🏕️ 長野県 » 戸隠¦🚙 上信越道 » 信濃町IC
林間斑尾高原キャンピングパーク
斑尾高原キャンピングパーク

大人も子どももたっぷり遊べるアクティビティ

遊び場が多く、家族連れに人気のキャンプ場。自然あふれる景色を眺めながら、ゴルフを楽しもう。室内の施設でも遊べるので雨の日も安心。2021年7月には、利用者の希望に応えて、サイト内で直の焚き火ができる待望の直火サイトが作られた。木柵で囲まれたドッグサイトでは、ノーリードで愛犬とキャンプを楽しめる。ドッグランではリードが必要。その他、デイサイトやグループサイト、大きさが様々なサイトがあり、人数や過ごし方でサイトを選べる。
🏕️ 長野県 » 斑尾高原¦🚙 上信越道 » 豊田飯山IC
高原休暇村 嬬恋鹿沢キャンプ場
休暇村 嬬恋鹿沢キャンプ場

標高1400mだから涼しく快適

シラカバやミズナラの林に囲まれて自然豊か。場内には小川や釣り堀があり、ちょっとした水遊びが楽しめる。キャンプ道具や食材がセットになった「手ぶらでキャンプ」も充実。夕ご飯はカレーやBBQをはじめ、ポトフやピザからも選べるのが嬉しい。ピザはピザ釜を使って本格的に焼ける。隣接しているホテルの温泉が利用できる(有料)。ホテルにスタッフが24時間常駐しているため、非常時にも安心。コインランドリーがあり、長期滞在もできる。Wi-Fiはキャンプセンター2階の鹿沢インフォメーションセンターのみ接続可能。
🏕️ 群馬県 » 鹿沢高原¦🚙 上信越道 » 小諸IC
次の11件を見る
高原ヤマボク・グリーンサイトキャンプ場
ヤマボク・グリーンサイトキャンプ場

ありのままの自然をまるごと楽しめる

林間にぽっかりと開いた草原サイトは、キャンプ意欲をそそるシチュエーション。施設が充実しているとは言い難いが、ありあまる大自然の開放的なロケーションは見事。志賀高原をベースに観光したい場合にも最適。また、デイキャンプも同額で楽しめるのでおすすめ。トラベルトレーラーが乗り入れ可能なサイトは3区画ある。
🏕️ 長野県 » 志賀高原¦🚙 上信越道 » 須坂長野東IC
高原軽井沢オートキャンプ場クリオフィールド
軽井沢オートキャンプ場クリオフィールド

軽井沢散策や草津の湯巡りに絶好の基地はファミリーとカップルのためのキャンプ場

ファミリーとカップル利用限定なので、白樺の木立のなか静かなキャンプを満喫したい人におすすめのフィールドだ。場内は1万坪の広さで、ほどよく木陰が点在しており、夏でも快適に過ごせる。サイトは1区画およそ100㎡と広々。「不自由な生活。自由な時間」をテーマに、快適で便利な日常を離れ、シンプルな野外生活のなかで自由な時間を楽しめるよう配慮されている。宿泊施設は別荘気分で宿泊ができ、ペットOKのログキャビンは6棟ある。掃除の行き届いた清潔な洋式トイレやお湯の出る炊事棟のほか、キャンプ用品の販売やレンタル、修理もしていて、設備も充実している。センターハウスにはフィールドサポーターが24時間常駐し、夜間は見回りも行われているので安心だ。10%OFFクーポンはオートサイトのみ利用できる(3連休・GW・お盆期間を除く)。
🏕️ 群馬県 » 北軽井沢¦🚙 上信越道 » 碓氷軽井沢IC
高原飯綱東高原オートキャンプ場
飯綱東高原オートキャンプ場

利用者の好みに合わせた多彩なキャンプサイト

自然豊かで広大な敷地の一画にある、からまつ林に囲まれた林間のオートサイト73区画に電源付きサイトが8区画設置。くわえて、テントサイルサイトにツリーハウスサイトもあり、利用者の好み合わせたサイト造りで楽しめるキャンプサイト。手ぶらで来てもゆったり楽しむことができるグランピングサイトも4つ用意してあり、大草原芝広場で抜群の開放感を楽しめる。優雅な一時を約束する内容となっている。都会で忙しい日々をおくる人や日常のストレスから離れたい人に、自然の中で優雅な一時を約束する内容となっている。
🏕️ 長野県 » 飯綱高原¦🚙 上信越道 » 信州中野IC
高原斑尾高原どんぐり村
斑尾高原どんぐり村

オーナーの心配りで静かに安心して過ごせる

斑尾高原にある緑豊かでアットホームなキャンプ場。ドングリ、シラカバ、カラマツなどの木々に囲まれ、真夏でも涼しいのが魅力。また2021年に全面リニューアルした手ぶらでキャンプサイトでは、寝室テントはデッキの上にドームテント、タープスペースには木製アウトドアリビング、雨でもBBQができる屋根付きのいろりや焚き火台などが備わる。必要な道具はすべてレンタルできるキャンプデビューに最適なプライベートテントサイト。食材は事前に購入して出かけよう。シーズンによって様々なイベントが目白押し。
🏕️ 長野県 » 斑尾高原¦🚙 上信越道 » 豊田飯山IC
高原荒船パノラマキャンプフィールド
荒船パノラマキャンプフィールド

絶景パノラマと星空フィールドで最高の思い出を

牧場の跡地につくられた、自然豊かなキャンプ場で雄大な荒船山や八ヶ岳連峰が見渡せる。標高1200mの高原にあり、夏も朝晩は涼しく快適に過ごせる。完全予約制となっており、ホームページから予約が可能。レストハウスでは神津牧場のソフトクリームやジンギスカン定食などが味わえる(金土日曜日のみ営業)。QRコードはpaypayのみ利用可能。
🏕️ 長野県 » 佐久¦🚙 上信越道 » 下仁田IC
林間浅間高原ファミリーオートキャンプ場
浅間高原ファミリーオートキャンプ場

本格的な五右衛門風呂がファミリーに人気

浅間山の北麓に位置し、北軽井沢から鹿沢温泉へ向かう途中にあるキャンプ場。浅間山や白根山、湯の丸山を望む景観がすばらしい。マツやナラ、シラカバなどの林間にあり、夏はとても涼しく静かな環境だ。1区画15×15mもある広々としたオートサイトは、砂地で水はけがよく過ごしやすい。宿泊施設はバンガローがある。シャワー室、コインランドリーなども整っている。炊事場には使い勝手のいい大きめのシンクと、湯沸かし器1台が備え付けてあり便利だ。ユニークな薪で焚く本格的な五右衛門風呂が大人気。
🏕️ 群馬県 » 浅間高原¦🚙 上信越道 » 碓氷軽井沢IC
高原嬬恋鹿沢キャンピングガーデン
嬬恋鹿沢キャンピングガーデン

あたり一面を木々に囲まれた静かな空間

県道をはさんで両側にキャンプ場が広がっている。カラマツやシラカバなどの木々をできるだけ伐採せず、自然景観を残しながらサイト環境を整えた。オートサイトは浅間砂で、湯尻川河畔や林間にある。全区画に上下水道、U字溝が設置され、AC電源も使用可能。うち、11区画はペット同伴可。トレーラーハウスは調理器具、寝具、暖房などの設備が整っていて快適。ログハウスに加えて、サイトのまわりを柵で囲ったドッグランサイトやドッグランWサイト、バンガローサイトも便利。なお、7・8月以外は定休日がある。
🏕️ 群馬県 » 鹿沢高原¦🚙 上信越道 » 小諸IC
高原outside BASE
outside BASE

快適生活研究家がプロデュースアクティブなキャンプ生活が満喫できる

浅間山を望む、東京ドーム3個分という広大な敷地にあるキャンプ場。オーナーは快適生活研究家・田中ケン氏。とても広い場内ではあるが、1日35サイトまでしかキャンパーの受け入れをしていない。そのためハイシーズンでも、ゆったりと好きなスペースでのキャンプを楽しめる。サイトは、手つかずの林をキャンプサイトにしているので、全面フリーサイトでゆったりと自然を満喫できる。14棟あるログコテージは、ロフト付きや屋根付きテラス、ベッド付きタイプなど、バリエーション豊富なので好みにあったものを選べる。またドッグランのほか、手作りのブランコや遊具など、随所にオーナーの遊び心がたくさん生かされている。ハンモックやピザ窯などがレンタルできるのも、魅力のひとつ。天気が良ければ空気の澄んだ北軽井沢の夜空に満天の星が眺められる。
🏕️ 群馬県 » 北軽井沢¦🚙 上信越道 » 碓氷軽井沢IC
林間IIMORIオートキャンプ場
IIMORIオートキャンプ場

スキー場を利用した広々サイトが魅力

上越道の長野IC、安曇野IC、北陸道の糸魚川ICからそれぞれ1時間ほどで到着するキャンプ場。道中に険しい山道はないので、快適なアクセス。冬はスキー場になる開放的なエリアに設置された「ゲレンデサイト」や、森の中に広々と区分けされた「フォレストサイト」、駐車場に面して乗り入れがスムーズな「キャンピングカーサイト」、ソロキャンパーに人気のリーズナブルな「フリーサイト」など、用途に合わせたサイト選びができる。ペット同伴も可能(1頭500円/1泊)で愛犬家にも嬉しい。
🏕️ 長野県 » 白馬山麓¦🚙 上信越道 » 長野IC
林間まほーばの森オートキャンプ場
まほーばの森オートキャンプ場

満天の星が輝く森のリゾート

群馬県上野村にあるリゾートエリア内の「上野スカイブリッジ」を渡った先に位置する。適度に隣サイトとの距離がありプライバシーも保たれた林間のオートサイトでは、まさに森の中のキャンプが楽しめる。コテージは山腹の緩い傾斜地に佇み、眺望抜群。2022年にはグランピング施設を設置。「森のインスタントハウス」と名付けられた真っ白なテントは、断熱素材を使用しており1年中快適。ベッドのほかに、冷蔵庫や電子レンジも置かれて便利。併設されたカフェでは、上野村特産のイノブタを使ったご当地グルメが食べられる。
🏕️ 群馬県 » 上野村¦🚙 上信越道 » 下仁田IC

オススメ!予約できるキャンプ場

予約OK川岸ウエストリバーオートキャンプ場
ウエストリバーオートキャンプ場

場内に清流が流れる、釣り好きに最高の環境ファミリーキャンパーにも人気のキャンプ場

南アルプスの甘利山南麓の白根桃源郷の一角にある。場内中央を川が流れ、釣りや水遊びを楽しむのに最適なキャンプ場。川を挟んで右岸にキャンプサイトや炊事場があり、左岸にバンガローやコテージ、シャワールーム、管理棟などの施設がレイアウトされている。テントサイトは、電源付き区画サイト、電源なし区画サイトなどさまざま。柵付きのドッグランサイトではペットを同伴可能で、サイト内では滞在中ノーリードで過ごすことができる。山小屋風のロッジには焚き火用のカマドが用意されている。本格的なカナディアンログのバンガローや平屋建てと2階建てのコテージは、いずれもログハウス調に統一されていてムード満点。場内にはミニライブラリーがあり、気に入った本や雑誌をマイテントに持ち込み、川の音を聞きながら読書することもできる。共有スペースは清潔に管理され、女性に好評だ。
🏕️ 山梨県 » 南アルプス¦🚙 中央道 » 甲府昭和IC
予約OK川岸長瀞キャンプヴィレッジ
長瀞キャンプヴィレッジ

場内の本格的な温泉が魅力!

都心からクルマで1時間ちょっと、最寄りの秩父鉄道樋口駅からは徒歩15分ほどの場所にある自然豊かなキャンプ場。目の前の荒川では遊泳はできないが、川のせせらぎを聞きながらのんびりと時間を過ごせる。サイトは8×10mと広めに取られているので、隣と距離があり快適。林間サイトのため日陰があり、夏でも比較的涼しく感じられる。タープが張りやすいのも便利。地面は砂と土で柔らかいため、30㎝以上のペグがあるといい。トレーラーは場所によって入場可。キャンパーから人気が高いのが、場内にある天然温泉が楽しめる露天風呂付きの大浴場。キャ ンプ場に宿泊者は無料入浴することができる。ランタンがゆらめく中、自然を眺めながらの入浴は至福の時間だろう。バンガローには専用の屋根付きBBQスペースがあり、雨でも気にせず楽しめるはず。
🏕️ 埼玉県 » 秩父¦🚙 関越道 » 花園IC
もっと見る

『 ガルビィ 』&『オートキャンプ場ガイド』

アウトドア達人のこだわりギア満載!ガルビィ1月号の特集は?
アウトドア達人のこだわりギア満載!ガルビィ1月号の特集は?
こだわりすぎて伝わらない?? アウトドア偏愛選手権ブラックに光沢あるカッパーゴールドが特徴のやたら文字がデカい表紙が目印巻頭特集では、いろんなアウトドアの達人のこだわりキャンプスタイルを大特集。愛とこだわりの愛用ギア、クルマ、バイクなどなどを紹介します。達人のキャンプギアの使い方から、学べることもいっぱいです。さらにはアウトドアメーカーの新製品も熱く紹介したりと、多彩な内容の特集になっています。来年のキャンプに向けて、何を買おうか?なんて思いを馳せながら読むのも楽しいかもしれません。ぜひ読んでみてください。試し読み・購入は富士山マガジンサービスへhttps://www.fujisan.co.jp/product/464/new/
 ガルビィプラス
ガルビィ1月号12月8日(金)発売!
ガルビィ1月号12月8日(金)発売!
冬シーズン到来です! 巻頭特集は「こだわりすぎて伝わらない??(けど伝えたい)」アウトドア偏愛選手権」。アウトドアの達人たちが愛用しているギアやアウトドア愛をどーんと紹介します。つい欲しくなってしまいそうなものもあれこれ登場。2024年のお買い物を考えるのも楽しいし、達人たちの道具やキャンプ話は参考になることも詰まっています。 もちろん雪の中でのキャンプを心待ちにしているドハマリな方には、雪の車中泊をご提案。一方「真冬のキャンプはハードル高すぎて・・・・・・」という方には、珍しい種類の宿泊ができるキャンプ場やグランピング施設を集めてみました。テントに泊まるばかりがキャンプじゃないですよ!ほかにも、冬の夜長にランタンを愛でてみたり、チャックボックス(アウトドアの料理道具をまとめて運べるボックス)を作ってみたり、など多彩な記事を盛り込みました。 冬だってキャンプはトピックスがいっぱいです。家にこもっていないで、アウトドアのフィールドへ飛び出しましょう!試し読み・購入は富士山マガジンサービスへhttps://www.fujisan.co.jp/product/464/new/
 ガルビィプラス
AKB48がアウトド料理に初挑戦!ガルビィ10月号発売です!
AKB48がアウトド料理に初挑戦!ガルビィ10月号発売です!
TV番組「AKB48、最近聞いたよね…」とガルビィがコラボしました!アウトドア・キャンプマガジン「ガルビィ」10月号が発売になりました。巻頭特集は「キャンプ飯・アウトドア料理」です。なんと、AKB48が登場!初めてのアウトドア体験に挑戦しています。2チームにわかれて、キャンプ料理対決をしてみたり、テントを建ててみたり・・・・・・と初めての経験に果敢にチャレンジしています!アウトドアメーカーのロゴスのギアを駆使して、四苦八苦しながらも楽しくキャンプし様子は番組でも放映されました。料理対決の結果は、ガルビィ誌上で発表でも!!番組ではどっちが勝ったかまでは放映されなかった料理対決の結果が、誌面で発表しています。ぜひ勝敗の結果も含め、はじめてキャンプの様子を読んでみてください。ご購入はこちら【あわせて読みたい】「最強の悪天候対策」上級キャンパーはみんなやってるタープの設営テクニックを紹介!「かっこよすぎる」キャンプガチ勢が利便性を徹底追及した究極のギアセットとは!?「天才すぎる」ギア研究家が厳選したアウトドアの7つ道具が優秀すぎた…!【別注!】キャンプツーリングに最適な”男”のセット(送料無料今月末まで)
 ガルビィプラス
もっと見る

PR block

page top