close
prev
next

島根県のキャンプ場(7件)

公園島根県立万葉公園オートキャンプ場
島根県立万葉公園オートキャンプ場

高規格で快適に利用できるオートサイトが自慢

島根県立万葉公園の中にある、美しく静かなロケーションが魅力のキャンプ場。サイトは全面芝生で手入れも行き届いており、気持ちよく利用できると評判だ。また、すべてのサイトにAC電源や流し台、小型コンロにテーブルベンチまで完備されている。掃除の行き届いたトイレ・シャワー棟もそばにあり、初心者やファミリーでも安心して利用できる。ショッピングセンターやホームセンターが車で5分の距離にあるので、買い出しにも困らない。園内には万葉集を引用した歌版や石碑を楽しめる展望台があり、万葉のロマンを体感できる。
🏕️ 島根県 » 三里ヶ浜¦🚙 浜田道 » 浜田IC
島根県立石見海浜公園オートキャンプ場
島根県立石見海浜公園オートキャンプ場

青い海と白い砂浜が美しいマリンワールド

浜田市と江津市にまたがる全長5.5㎞の海岸沿いに広がる「石見海浜公園」は、自然のロケーションを生かした都市公園。西端の赤鼻から東端の大崎鼻まで弓なりにビーチが広がる景勝地で、キャンプ場はその中にある。サイトは1区画ごとに区切られていて、120㎡と広々としている。62区画すべてにAC電源が付いているので便利。常設サイトは、2~3名用のテントが張られ、かまど、木のテーブルとイスがある。サイトから水着のままで、すぐにビーチに出られるのがうれしい。シャワーや洗濯機、乾燥機は24時間使用可能。
🏕️ 島根県 » 石見海岸¦🚙 山陰道 » 浜田東IC
林間琴引ビレッジキャンプ場
琴引ビレッジキャンプ場

広いサイトとリーズナブルな価格が魅力

比較的標高が高いので、オールシーズン涼しく過ごせるキャンプ場。全10区画のオートサイトは、充分な面積が確保されている上、すべてにAC電源、水道、野外炉が付いていて使い勝手は抜群。それでいて良心的な価格設定がうれしい。フリーサイトは、広々とした一面芝。サイトには大きな木はないので、夏場にはタープを持っていくといいだろう。6人用、10人用のログハウスには、キッチン、冷蔵庫、電子レンジや調理器具などが完備されている。自然豊かな場所にあるので、場内ではタヌキなどの動物に出会うこともある。
🏕️ 島根県 » 中国山地¦🚙 中国道 » 三次IC
林間邑南町青少年旅行村オートキャンプ場
邑南町青少年旅行村オートキャンプ場

巨大プールも楽しめる総合レジャー施設

自然あふれるロケーションにある邑南町青少年旅行村。場内にはキャンプ場だけでなく、大型のプールやウオータースライダーがあり、家族で夏を満喫できるスポットとなっている。平均サイトサイズは100㎡。全サイトクルマの乗り入れが可能で、炊事場ではお湯も使える。電源付きサイトも一部利用できる。サイトは、グループ利用に便利な広いエリアから、木に囲まれてプライベートを確保できるエリア間で、豊富なバリエーションがある。ドッグフリーサイトもあるので、ペットキャンパーにもおすすめだ。
🏕️ 島根県 » 中国山地¦🚙 浜田道 » 大朝IC
湖畔菰沢公園オートキャンプ場
菰沢公園オートキャンプ場

豊富な自然に包まれた閑静なフィールド

菰沢池を中心に作られた公園内にあるキャンプ場。自然を生かすため、場内は最小限の設備に限定しており、コテージなどの宿泊施設はないが、フリーサイトやAC電源&流し台がある個別テントサイトなど、キャンプ施設としては申し分ない。クルマで約3分ほどでコンビニとスーパー、約5分ほどで道の駅がある。場内では薪以外は手に入らないため、飲料を含め、買い忘れには注意したい。ペットの同伴についてはリード着用・フンの処分など、ペットキャンパーとしての基本的なモラルを守れば、一緒のキャンプもOK。
🏕️ 島根県 » 江津¦🚙 江津道 » 江津IC
公園松江市宍道ふるさと森林公園
松江市宍道ふるさと森林公園

サイトタイプが豊富な自然あふれるフィールド

2021年4月に松江市宍道ふるさと森林公園にリニューアルオープンするキャンプ場。新設されるデカデカオートキャンプサイトは大きめのテントも張れる広々とした設計。10×13mの広さなのでキャンピングカーも利用しやすい。電源付きなのもうれしい。リッチな宿泊施設「グランキャビン」も新設される。キャンプ初心者にはこちらもおすすめ。旧コテージも全棟リノベーションしてリニューアル!
🏕️ 島根県 » 中国山地¦🚙 山陰道 » 宍道IC
林間三瓶山北の原キャンプ場
三瓶山北の原キャンプ場

国立公園・三瓶山をフィールドに一日遊べる!

手つかずの自然が残る国立公園・三瓶山にあり、爽やかな高原の風を感じながら過ごせる。広大な敷地内には4つのサイトがあり、オートキャンプエリアには、頑丈な高床式テントが常設された「常設サイト」、大型車両も駐車できる電源付きの「持ち込みサイト電源付き」、大10×10m、小7×8mと広々スペースを確保した「テント持ち込みサイト」を用意。ほかに、トイレや風呂が完備した山小屋風のケビン、ペット同伴OKのドッグバンガローなど、ニーズに合わせた宿泊施設が揃う。広々としたドッグランもあるので、愛犬も大喜びだ。
🏕️ 島根県 » 中国山地¦🚙 松江道 » 吉田掛合IC

オススメ!予約できるキャンプ場

予約OK湖畔sotosotodays CAMPGROUNDS 山中湖みさき
sotosotodays CAMPGROUNDS 山中湖みさき

山中湖と富士山に抱かれ至福のひとときを清潔な設備でリラックスした時間を過ごす

山中湖北岸の湖畔にあり、湖水の向こうに富士山が望めるという圧倒的な景色が自慢。敷地内はソロサイト、ファミリー専用のオートキャンプサイト、電源付きサイト、フリーサイトに分かれ、幅広いキャンプ需要に対応する。8.5×8.5mを確保したソロサイトがあり、バイクや自転車の乗り入れもOK。区画電源サイトでは、電源を利用して扇風機や暖房器具などを使用できる。1000Wまでなら、家電の利用も可能。また、男女別のトイレやシャワールーム、一部温水利用可能な炊事場など設備も充実。新しくなった管理棟では、薪や炭などの消耗品なども購入出来る。2022年からはPOSレジ運用を開始し、OD缶などの消耗品のほか、一部アウトドアギアの販売も予定している。湖アクティビティのためのレンタル品も充実。SUP(パドル・ライフジャケット付き)は90分3000円から。ジャケットのみ500円。
🏕️ 山梨県 » 富士五湖¦🚙 東富士五湖道 » 山中湖IC
予約OK林間オートキャンプ場太陽の丘
オートキャンプ場太陽の丘

街の喧騒を少し離れるとそこは小さな森の中自然に囲まれたこぢんまりとしたキャンプ場

自然に恵まれた喜連川の市街地を見下ろす高台にあるキャンプ場。樹木が生い茂る場内は、夏は涼しく、冬は日当たりが良いので過ごしやすい。各サイトは砂地で水はけが良く、サイト間にグローンベルトが設けられていて、プライバシーが守られるように作られている。AC電源付きサイトも5区画ある。宿泊にはオートサイトに加えて、バンガローとログハウスもある。オートサイトとバンガローは車の乗り入れが可能。ログハウスは丸太を組んで作った本格的な造りになっている。屋根裏もあり、好奇心をくすぐる。街が近く、スーパー・コンビニなども近い。チェーン店のスーパーにクルマで5分以内で行けるのでとても便利。オートサイトのチェックアウトは12時までなのでゆっくりできるのもうれしいポイント。決済方法について、QR決済はPayPayが使える。詳しくはキャンプ場公式サイトのご確認を。
🏕️ 栃木県 » 喜連川¦🚙 東北道 » 矢板IC
予約OK高原牛岳オートキャンプ場「きらら」
牛岳オートキャンプ場「きらら」

山の斜面を利用したサイトからの眺望は見事

「牛岳温泉スキー場」のゲレンデ上部に広がるキャンプ場。日本海から立山連峰までが一望のもとにおさめられ、眼下には富山平野が広がる。26区画のオートキャンプサイトは芝で、すべてがAC電源付き。サニタリー棟にはトイレ、シャワー、炊事場がある。管理棟にはスタッフが常駐しているので安心だ。5棟あるバンガローもファミリーから人気。こちらにはトイレ、シャワー、ミニキッチンが付いていて快適に過ごせる。営業期間は5月1日~10月31日だが、夏休み以外の毎週火曜は定休日なので注意しよう。
🏕️ 富山県 » 牛岳¦🚙 北陸道 » 富山西IC
もっと見る

『 ガルビィ 』&『オートキャンプ場ガイド』

圧巻怒涛のキャンプ特集!ガルビィ最新号が発売!
圧巻怒涛のキャンプ特集!ガルビィ最新号が発売!
怒涛のキャンプ大特集 3連発です!本格的な夏&夏休みのシーズンが到来します。キャンプ&アウトドア雑誌ガルビィの最新号が発売になりました。この号は圧巻怒涛の「キャンプ推し」でお送りします。 いろんなサイトが登場!スタイル別キャンプサイトの作り方!まず一発目の巻頭特集が「次のキャンプでマネしたい!スタイル別キャンプサイトの作り方」。「オール電化キャンプ」「ミニマムキャンプ」「ソログルキャン」などさまざまなスタイルのキャンプギアやサイトの作り方を徹底的に紹介します。要チェックの大人気企画! 東西人気キャンプ場ランキング2つめは毎年恒例の「東西人気キャンプ場ランキング」。実際のキャンパーである読者が選ぶということ大人気の企画です。今年はどこのキャンプ場がランクインしているか?要注目企画です。そしてぜひこの夏、秋に向けて、キャンプ場選びの参考にしてください。最新・話題の注目ギアを徹底的にインプレッションそして3つめが「注目キャンプギア徹底インプレッション」。今年の新製品や話題の製品を、その道のプロが、実際に使って詳細にインプレします。プロならではの超実践的マニアックな視点によるインプレは必見です。このようにキャンプにまつわるソフトからハードまで!キャンプ情報全網羅!でお送りします。もちろん他にもアクティビティ、車中泊など多彩な記事をてんこ盛りでお送りします。イエローの表紙が目印です。ぜひ一度ご覧ください。↓↓試し読み・購入は富士山マガジンサービスへhttps://www.fujisan.co.jp/product/464/new/
 ガルビィプラス
【オートキャンプ場ガイド】今年もいよいよ発売!
【オートキャンプ場ガイド】今年もいよいよ発売!
ビギナーからベテランまでキャンプをするすべての人に役立つガイドブックが今年も発売されました。全国の書店、オンライン書店で購入可能となっていますので、ぜひ手にとって見てください。500円クーポンも付いています!首都圏から行く オートキャンプ場ガイド URL:https://www.j-n.co.jp/books/978-4-408-03516-1/関西・名古屋から行く オートキャンプ場ガイド URL:https://www.j-n.co.jp/books/978-4-408-03517-8/
 ガルビィプラス
厳選!最新オープンキャンプ場情報 ガルビィ4月号発売中
厳選!最新オープンキャンプ場情報 ガルビィ4月号発売中
もうひとつの目玉特集は「キャンプ場」情報ガルビィキャンプとアウトドアの専門誌「ガルビィ」4月号が発売になりました。特集は「最新&話題のキャンプ全情報」。新作ギアカタログやインプレッションのギア特集に続き、もう一つの目玉が「キャンプ場」の特集です。新オープンキャンプ場を厳選して特集全国で昨年も多くのキャンプ場がオープンし、今年2年目のシーズンを迎える。今回はそんなオープンしたばかりの注目のキャン プ場を編集部が厳選してご紹介しています。どんなコンセプトで、な にをポイントにキャンプ場選びをすればいいの か、自然や施設、本格派かビギナーか、食事かペッ トかなどキャンパーにとっての優先順位はいろいろです。新しいキャンプ場が <ウリ>にしている遊びの要素はなにか? 今まで行ったことのないエリアで新しい楽しみが広がります。ぜひ新しいキャンプ場で新しいキャンプ体験をしてみてください。人気企画「キャンプ場ラリー」がスタート! エントリー方法、賞品を公開!そして、毎年行われているロングラン企画「キャンプ場ラリー」が今年もいよいよ開幕します。指定のキャンプ上でキャンプをしてスタンプを集めると、アウトドアメーカーの豪華キャンプギアが抽選で当たるという人気の企画です。その賞品や、エントリー方法が誌面で公開されています。ぜひいろんなキャンプ場を巡ってみてください。いろんな情報てんこ盛りでお送りする新シーズンスタート号の4月号。ぜひ今年のキャンプライフの計画を、ガルビィを眺めながら考えてみてくださいね!グリーンの表紙が目印です。ぜひご覧ください。↓↓試し読み・購入は富士山マガジンサービスへhttps://www.fujisan.co.jp/product/464/
 ガルビィプラス
もっと見る

PR block

page top