close
prev
next
川岸

アオミオートキャンプ場

  • 約38サイト
  • 標高550m
  • 🏕️ 中部 > 岐阜県 > 中津川
  • 🚙 中央道 中津川ICから約60分

川まで徒歩3分の全オートサイトはAC電源付き

料金の目安
オートサイト大人2名+子ども2名 約5,000円
●オートサイト=5000円●持ち込みテントサイト=4000円~●バンガロー(4~8名・全8棟)=7000円~1万円●ログバンガロー(5名・全34棟)=1万1000円~ ほか
公式Webサイト
http://www.tsukechi.jp/
予約開始時期
随時受付(2月1日から受付(付知町観光協会))
営業期間
4月27日~11月30日
チェックイン
13:00
チェックアウト
11:00
⛺オープン
1995年7月オープン
サイト
総数:38ほど、AC電源付き:14区画、キャンピングカーサイト:0区画、サイトサイズ:5×10m
レンタル可能品
調理用具/コンロ/BBQ用具/飯ごう/鍋/ヤカン/まな板/包丁/しゃもじ/ボール/鉄板/網/枕/シート/フライパン/ザル
立ち寄り温泉情報
倉屋温泉おんぽいの湯/クルマで約7分
ゴミ分別方法
燃えるゴミ、ビン、缶、ペットボトル
サイトプロフィール山林に囲まれ、豊かな自然が残る中津川市付知町にあるキャンプ場。整然と区画されたオートサイトはすべてAC電源付きで、クルマを横付けしてテントを設営でき、広さに余裕があればタープも張れる。川の近くを希望する場合は、持ち込みテントが張れるテントサイトへ。付知川のせせらぎを聞きながらBBQなどを楽しむのもいい。また、場内にはバンガローやミニコテージもあり、すべて水道付きで、建物の横にあるBBQスペースには電気が設置されている。キャンプ初心者はこちらの施設もおすすめだ。
キャンプ場の施設
水洗トイレ
風呂
バリアフリートイレ
シャワー
ランドリー
炊事棟
サイトシンク
温水蛇口
売店
AC電源
24h管理
管理棟
子供施設
コテージ等
乗り入れ可能車両
乗用車
トレーラー
キャンピングカー
キャッシュレス決済
クレジット
電子マネー
QRコード
Wi-Fi/携帯電話
Wi-fi
NTTドコモ
SoftBank
au
利用条件
器具使用
Dキャンプ
ゴミ捨て可
ペットOK
ペット詳細:※バンガロー内禁止。外につないでおく
サイトの地質
その他
適正ペグ
プラスチック
アルミ
スチール
ネイル
V字
遊び&イベント一番の楽しみは、やはり付知川での川遊び。子どもでも足が届く深さのところがほとんどなので、安心して遊べる。また、マス釣りやマスのつかみ取りが楽しめるところもある。周辺の見どころとしては、付知川の上流にある付知峡がおすすめ。自然が造り出した峡谷や滝があり、春から夏はすがすがしく、秋は紅葉が美しい絶景ポイントだ。
周辺のアクティビティ
釣り
ハイキング
MTB
遊泳
クラフト
カヌー・ボート
牧場
味覚狩り
遊泳詳細:川
近隣施設と所要時間(車)
病院 竹内医院、みお医院など/10分
スーパー さのやスーパー/15分
コンビニ ファミリーマート、ローソン/8分
管理人さんから一言豊かな自然を思う存分満喫できるキャンプ場です。普段の生活から離れてここでのんびりお過ごしください。徒歩3分あれば行ける付知川での川遊びは大人気! そんな自然に心癒されるでしょう。
  • 場内にはマツ林がある🔭
  • サイトは木で仕切られる🔭
岐阜県中津川市付知町270-48
中央道・中津川ICをおりて、国道257号を下呂温泉方面に28㎞。付知峡信号を右折、攻橋を渡ってすぐ右折し、新井戸岩橋を渡ってすぐ。

このキャンプ場をSNSでシェア


おすすめ特集

オススメ!予約できるキャンプ場

予約OK林間キャンプラビット
キャンプラビット

灯の少ない静かなキャンプ場で夜空を満喫贅沢な滞在を存分に楽しもう!

林間に広がる静かなオートキャンプ場。サイトは複数のサイトが隣り合わせで取れるグループ用のサイトのほか、雑木林に囲まれたファミリー向けのプライベートサイトがある。周囲には自然の木々が数多く残され、アカマツやカラマツといった樹木に囲まれて夏は涼しくキャンプができる。サイトは細かい砂利が敷き詰められているため水はけがよく、マットがなくても快適に寝られる。照明は最小限で、夜はランタンやライトが必要だが、美しい星空を楽しめるというメリットも。場内には余笹川の支流が流れ、沢での涼みやホタル鑑賞が楽しめる。場内全体に起伏があるので、どこにテントを張るかで違った雰囲気が味わえる。場内には風情満点の完全貸切制露天風呂(有料)があってのんびりできる。四季折々の風景を楽しみながらリラックスできるのも魅力。
🏕️ 栃木県 » 那須高原¦🚙 東北道 » 那須高原SIC
予約OK湖畔羽鳥湖畔オートキャンプ場
羽鳥湖畔オートキャンプ場

レンタサイクルで湖畔を駆けぬけよう湖と山を望む絶景キャンプ場

キャンプ場は羽鳥湖の湖畔にあり、背後に布引山を望む絶景のロケーション。一部エリアはレイクビューとなっている。オートサイトは、段差や小さな木々で区画されており、ほどよくプライベート感がある。コテージには、風呂や寝具、冷蔵庫、電子レンジ、調理器具など、設備が充実しているので、別荘感覚でリラックスして過ごすことができるのがうれしい。サニタリー棟は全3棟あり、うち1棟にはシャワーやランドリーを完備。炊事場はすべて給湯設備付、トイレはウォシュレット付便座。管理棟はホテルのフロントのような内装で、売店では薪・炭・網などのBBQに必要なアイテムや、着火剤・虫除けスプレーなどが揃う。HPではドローンで空から撮影したキャンプ場や、各施設を詳細に紹介した動画が掲載されているので、ぜひチェックしてみよう。
🏕️ 福島県 » 天栄村¦🚙 東北道 » 白河IC
予約OK高原CAMP屋 うるぎキャンプフィールド
CAMP屋 うるぎキャンプフィールド

自然をダイレクトに感じて非日常を楽しむ

標高1060mの里山に残る森の中で、自分たちでテントを設営し自然と会話する。そんな昔ながらのキャンプが楽しめるキャンプフィールド。場内は広葉樹に囲まれた明るいエリアとヒノキ林の木漏れ日に包まれたエリアに分かれる。また、サニタリー棟にはコインランドリーやコイン式個室シャワーも完備している。QRコードでの決算はRpayのみ使用可能。何十年ものあいだ、売木村の人々によって大切に守られてきた場所のため、自然を壊さないよう、場内にはクルマの乗り入れができない、利用は1区画オンリーなど、多少細かな規約がある。しかし、だからこそ、自然に寄り添うように過ごすことができ、身も心も自然に預ける喜びを体感できる。
🏕️ 長野県 » 下伊那¦🚙 東海環状道 » 豊田勘八IC
もっと見る

『 ガルビィ 』&『オートキャンプ場ガイド』

圧巻怒涛のキャンプ特集!ガルビィ最新号が発売!
圧巻怒涛のキャンプ特集!ガルビィ最新号が発売!
怒涛のキャンプ大特集 3連発です!本格的な夏&夏休みのシーズンが到来します。キャンプ&アウトドア雑誌ガルビィの最新号が発売になりました。この号は圧巻怒涛の「キャンプ推し」でお送りします。 いろんなサイトが登場!スタイル別キャンプサイトの作り方!まず一発目の巻頭特集が「次のキャンプでマネしたい!スタイル別キャンプサイトの作り方」。「オール電化キャンプ」「ミニマムキャンプ」「ソログルキャン」などさまざまなスタイルのキャンプギアやサイトの作り方を徹底的に紹介します。要チェックの大人気企画! 東西人気キャンプ場ランキング2つめは毎年恒例の「東西人気キャンプ場ランキング」。実際のキャンパーである読者が選ぶということ大人気の企画です。今年はどこのキャンプ場がランクインしているか?要注目企画です。そしてぜひこの夏、秋に向けて、キャンプ場選びの参考にしてください。最新・話題の注目ギアを徹底的にインプレッションそして3つめが「注目キャンプギア徹底インプレッション」。今年の新製品や話題の製品を、その道のプロが、実際に使って詳細にインプレします。プロならではの超実践的マニアックな視点によるインプレは必見です。このようにキャンプにまつわるソフトからハードまで!キャンプ情報全網羅!でお送りします。もちろん他にもアクティビティ、車中泊など多彩な記事をてんこ盛りでお送りします。イエローの表紙が目印です。ぜひ一度ご覧ください。↓↓試し読み・購入は富士山マガジンサービスへhttps://www.fujisan.co.jp/product/464/new/
 ガルビィプラス
【オートキャンプ場ガイド】今年もいよいよ発売!
【オートキャンプ場ガイド】今年もいよいよ発売!
ビギナーからベテランまでキャンプをするすべての人に役立つガイドブックが今年も発売されました。全国の書店、オンライン書店で購入可能となっていますので、ぜひ手にとって見てください。500円クーポンも付いています!首都圏から行く オートキャンプ場ガイド URL:https://www.j-n.co.jp/books/978-4-408-03516-1/関西・名古屋から行く オートキャンプ場ガイド URL:https://www.j-n.co.jp/books/978-4-408-03517-8/
 ガルビィプラス
厳選!最新オープンキャンプ場情報 ガルビィ4月号発売中
厳選!最新オープンキャンプ場情報 ガルビィ4月号発売中
もうひとつの目玉特集は「キャンプ場」情報ガルビィキャンプとアウトドアの専門誌「ガルビィ」4月号が発売になりました。特集は「最新&話題のキャンプ全情報」。新作ギアカタログやインプレッションのギア特集に続き、もう一つの目玉が「キャンプ場」の特集です。新オープンキャンプ場を厳選して特集全国で昨年も多くのキャンプ場がオープンし、今年2年目のシーズンを迎える。今回はそんなオープンしたばかりの注目のキャン プ場を編集部が厳選してご紹介しています。どんなコンセプトで、な にをポイントにキャンプ場選びをすればいいの か、自然や施設、本格派かビギナーか、食事かペッ トかなどキャンパーにとっての優先順位はいろいろです。新しいキャンプ場が <ウリ>にしている遊びの要素はなにか? 今まで行ったことのないエリアで新しい楽しみが広がります。ぜひ新しいキャンプ場で新しいキャンプ体験をしてみてください。人気企画「キャンプ場ラリー」がスタート! エントリー方法、賞品を公開!そして、毎年行われているロングラン企画「キャンプ場ラリー」が今年もいよいよ開幕します。指定のキャンプ上でキャンプをしてスタンプを集めると、アウトドアメーカーの豪華キャンプギアが抽選で当たるという人気の企画です。その賞品や、エントリー方法が誌面で公開されています。ぜひいろんなキャンプ場を巡ってみてください。いろんな情報てんこ盛りでお送りする新シーズンスタート号の4月号。ぜひ今年のキャンプライフの計画を、ガルビィを眺めながら考えてみてくださいね!グリーンの表紙が目印です。ぜひご覧ください。↓↓試し読み・購入は富士山マガジンサービスへhttps://www.fujisan.co.jp/product/464/
 ガルビィプラス
もっと見る

最近チェックしたキャンプ場

川岸アオミオートキャンプ場
アオミオートキャンプ場

川まで徒歩3分の全オートサイトはAC電源付き

山林に囲まれ、豊かな自然が残る中津川市付知町にあるキャンプ場。整然と区画されたオートサイトはすべてAC電源付きで、クルマを横付けしてテントを設営でき、広さに余裕があればタープも張れる。川の近くを希望する場合は、持ち込みテントが張れるテントサイトへ。付知川のせせらぎを聞きながらBBQなどを楽しむのもいい。また、場内にはバンガローやミニコテージもあり、すべて水道付きで、建物の横にあるBBQスペースには電気が設置されている。キャンプ初心者はこちらの施設もおすすめだ。
🏕️ 岐阜県 » 中津川¦🚙 中央道 » 中津川IC
もっと見る

PR block

page top