close
prev
next

奥美濃 (岐阜県)のキャンプ場(11件)

川岸AUTO CAMPING TACランドいたどり
AUTO CAMPING TACランドいたどり

せせらぎと木もれ日に癒やされよう

せせらぎが心地良い板取川の河畔にあるオートキャンプ場。サイトスペースは10×10mにきちんと区画されている。地面が硬いので、ペグは金属製で強度があるものを選ぶといいだろう。日陰が少ないため真夏はタープ必携。オートサイトは66サイトで、AC電源付きサイトは46区画。全てクルマの乗り入れ可能。トレーラーキャビンは全4棟。レンタル品はキャンプ用品がほぼ揃うほどの充実ぶりだ。売店には、氷、酒類、ジュース類、調味料、各種燃料などがある。シャワーやトイレ、共同炊事場などは清潔に管理されていて気持ちがいい。
🏕️ 岐阜県 » 奥美濃¦🚙 東海北陸道 » 美濃IC
林間ひるがの高原キャンプ場
ひるがの高原キャンプ場

“岐阜の軽井沢”の涼風さわやかな林間サイト

“岐阜の軽井沢”ともいわれる、ひるがの高原にあり、カラマツやナラの原生林が美しい。標高は約900mと高く、避暑には最適だ。サイトは番号などによる指定ではなく、自分で選べる。総面積は14.8㎡と、広大な敷地。大自然に囲まれ、小川が流れるテントサイトのほか、バンガロー、コテージ、山荘に泊まれる。その他、テニスコートやグランドの設備も整っており、体を動かすにはもってこい。標高が高いので夏でも過ごしやすく、大自然を満喫できる。キャンプ場の薪は、裏山で伐採した木を手作業で作っている。
🏕️ 岐阜県 » 奥美濃¦🚙 東海北陸道 » 高鷲IC
林間N.A.O.明野高原キャンプ場&Cottage
N.A.O.明野高原キャンプ場&Cottage

天然林に囲まれたキャンプ場ペット連れにはうれしい専用サイトを完備

森の中に広がるリゾート地、明野高原。その中に位置するのが、N.A.O.明野高原キャンプ場だ。東海北陸道・高鷲ICから5分というアクセスの良さが大きな魅力でもある。関西・名古屋圏からのキャンパーには人気が高いスポットだ。目の前に雄大に広がる風景は、夏はもちろん、美しい銀世界に変わる冬もおすすめ。天然林に囲まれたサイトは多種多様。100台分を擁するオートサイトのほかは、シングルで利用できる広さから、グループ利用に最適なたっぷりサイズのサイトまで。そして、全国初となるペット専用柵付きサイトまである。AC電源付きのサイトもあり、設備はかなり充実している。また、全体にプライバシーを重視した造りになっているのはうれしい。そして、冬に利用したいのが宿泊施設。ログコテージ、ログバンガロー、どれも清潔で、すべてが暖房完備で快適に過ごせる。
🏕️ 岐阜県 » 奥美濃¦🚙 東海北陸道 » 高鷲IC
高原ひるがの高原コテージパーク四季の郷
ひるがの高原コテージパーク四季の郷

四季を通じて家族みんなで楽しめる

白山連峰を望む高原に広がるキャンプ場。充実の施設で一年を通じて楽しめる環境が揃う。ペットもOKのオートキャンプサイトには、共同の炊事場やトイレをはじめ、洗濯機や無料のシャワールーム、分別ごみ箱も。コテージは滞在スタイルや人数にあわせて6タイプから選べる。アメニティグッズが用意されているのがうれしい。また、おしゃれなグランピング設備が揃っているのもこのキャンプ場の魅力。手ぶらで楽しめるBBQセットでは、なんと肉の種類やランクが選べる。冬季には鍋料理のセットも用意。
🏕️ 岐阜県 » 奥美濃¦🚙 東海北陸道 » ひるがの高原SIC
林間N.E.W奥長良キャンプ場&WANKO
N.E.W奥長良キャンプ場&WANKO

“ワンコ専用”施設が盛りだくさん!

奥美濃の雄大な自然の中、愛犬と一緒に旅行やキャンプをしたいというニーズに応えるさまざまな工夫が施されている。全サイトの外周には柵が張り巡らされ、ノーリードでワンちゃんと遊んであげられる。ドッグランも十分な広さがある。全サイトは大型犬用と中型犬用、さらに大型犬VIP用、中型犬VIP用と分かれ、それぞれ広さが異なるので、予約の際にスタッフによく相談するといいだろう。夏の暑い時期には場内にある「じゃぶんこ池」で愛犬と一緒に水遊びが楽しめる。ワンちゃん専用シャワー室の用意も。
🏕️ 岐阜県 » 奥美濃¦🚙 東海北陸道 » 高鷲IC
林間郡上八幡レインボーオートキャンプ場
郡上八幡レインボーオートキャンプ場

割引を有効活用して釣りにカヌーなどアクティビティ体験

近くの長良川ではアユ釣り、ラフティング、カヌーが盛ん。宿泊者は割引で入場できる近隣施設があるので、現地でスタッフに問い合わせを。
🏕️ 岐阜県 » 奥美濃¦🚙 東海北陸道 » 郡上八幡IC
川岸和良川公園オートキャンプ場
和良川公園オートキャンプ場

サイト横を流れる和良川で釣りや川遊びを楽しもう

全サイトが区画されていて、そのうち41サイトにAC電源を設置。各サイトは広々。まだ新しい施設はとても清潔。場内の和良川では川遊びが楽しめる。
🏕️ 岐阜県 » 奥美濃¦🚙 東海北陸道 » 美並IC
川岸NEOキャンピングパーク
NEOキャンピングパーク

清らかな流れと静けさここは緑に包まれたネイチャーランド

淡墨桜で知られる根尾にあり、ハイグレードな設備が揃うキャンプ場。株式会社ヒマラヤが運営している。揖斐川の支流、根尾川の源流の河畔にある約1万坪の敷地に、コテージ14棟、オートキャンプサイト55サイトがゆったりと配置されている。オートキャンプサイトは平均して120㎡と余裕あるスペースを確保している。施設の充実度も高いので、初心者でも安心して過ごすことができるだろう。ただ地面は硬いため、ペグは金属製の丈夫なものを用意しておいたほうがいい。8m以上の大型キャンピングカーに対応した専用サイトもある。コテージはテラス付きの2階建てで、定員は6名。バス、トイレ、エアコン、キッチンや食器も完備している。MTBや釣り竿などもレンタルできる。米、氷、酒類、ジュース類、調味料、カップラーメン、日用雑貨、各種燃料は現地で購入可能だ。
🏕️ 岐阜県 » 奥美濃¦🚙 東海環状道 » 関広見IC
川岸板取川温泉オートキャンプ場
板取川温泉オートキャンプ場

夏でも涼しい森と川に囲まれた場内でリラックス

岐阜県関市の、板取にあるオートキャンプ場&バーベキュー場。キャンプ場のそばには、一級河川の板取川が流れ、川向こうには日帰り温泉施設「板取川バデェハウス」がある。サイト2から徒歩5分で、遊び疲れた体を癒してくれる。キャンプサイトは2カ所に分かれており、板取川沿いの木立の中などに約70サイトがある。宿泊キャンプ場、日帰りキャンプ場のほか、1名1000円で参加可能な日帰りバーベキューができる「BBQハウス」がある。場内には「モネの池」があり、睡蓮と澄み切った水が織りなす絵画の世界をぜひ鑑賞したい。さらに周辺には、「21世紀の森公園」には「あじさい公園」と、その背後には1000m級の蕪山を廃止、本格的な登山や林間ハイクを楽しめる。「21世紀の森公園」には、樹齢500年を超える株杉の森がある。
🏕️ 岐阜県 » 奥美濃¦🚙 東海北陸道 » 美濃IC
川岸くるみ温泉&キャンプ
くるみ温泉&キャンプ

山里の豊かな自然を思いっきり満喫しよう

アットホームな雰囲気が魅力のキャンプ場。清流秋神川に面し、川のせせらぎが心地いい。場内には小川も流れており、子どもたちの遊び場にはぴったりだ。小規模だが、とても快適に過ごせる環境が揃う。併設の温泉宿があったり、湧き水が自由に汲めたりと心遣いがうれしい。夜には満点の星空が広がる。運がよければ流れ星が見えることも。木々に囲まれているが、木陰が少ない箇所もあるのでタープを準備しておくのがおすすめ。夜はぐっと冷え込むこともあるので防寒対策も忘れずに。
🏕️ 岐阜県 » 奥美濃¦🚙 中部縦貫道 » 高山IC
川岸ロックフィールド・いとしろ
ロックフィールド・いとしろ

広々としたサイトでいたせり尽くせり快適キャンプ

岐阜県の北端、福井県の県境に近い。白山連峰から湧き出る石徹白川の最上流部に位置する。オープン期間を通じて森林浴が楽しめ、春は山菜採りもできる。夏でも涼しく快適だが、夜は冷えるので厚めのシュラフと毛布を持参したほうがベター。サイトは1区画14×11mと広く、適度にプライバシーが保たれる。レンタサイクルは無料なのがうれしい。直焚き火がOKなので、ワイルド派に好まれている。売店では氷、酒類、ジュース類、各種燃料などの購入が可能。レンタル用品も必要な物は揃っているので、安心だ。
🏕️ 岐阜県 » 奥美濃¦🚙 東海北陸道 » 白鳥IC

オススメ!予約できるキャンプ場

予約OK川岸新くるみランド
新くるみランド

アクティビティが充実!! 飛騨高山の自然を最大限に楽しむ

岐阜県飛騨高山の山に囲まれた、自然の豊かなキャンプ場。標高1000mの場所に位置し、空の雄大さを近くで感じることができる。昼間の青空はもちろんのこと、夜空も見ごたえがある。ソロからカップル、友人同士、ファミリーまでと様々な方が楽しめる設備が整っている。滞在はテント、キャンピングカーで寝泊まりするもよし、バンガローもあるため初心者でも安心。貸切可能なお風呂や、水風呂にベッドチェアを完備したサウナ棟もあり、場外に出なくてもお風呂やサウナが楽しめる。BBQハウスもあるため、お昼はみんなでBBQなんてことも可能。
🏕️ 岐阜県 » 高山¦🚙 中部縦貫道 » 高山IC
予約OK林間キャンプラビット
キャンプラビット

灯の少ない静かなキャンプ場で夜空を満喫贅沢な滞在を存分に楽しもう!

林間に広がる静かなオートキャンプ場。サイトは複数のサイトが隣り合わせで取れるグループ用のサイトのほか、雑木林に囲まれたファミリー向けのプライベートサイトがある。周囲には自然の木々が数多く残され、アカマツやカラマツといった樹木に囲まれて夏は涼しくキャンプができる。サイトは細かい砂利が敷き詰められているため水はけがよく、マットがなくても快適に寝られる。照明は最小限で、夜はランタンやライトが必要だが、美しい星空を楽しめるというメリットも。場内には余笹川の支流が流れ、沢での涼みやホタル鑑賞が楽しめる。場内全体に起伏があるので、どこにテントを張るかで違った雰囲気が味わえる。場内には風情満点の完全貸切制露天風呂(有料)があってのんびりできる。四季折々の風景を楽しみながらリラックスできるのも魅力。
🏕️ 栃木県 » 那須高原¦🚙 東北道 » 那須高原SIC
予約OK湖畔羽鳥湖畔オートキャンプ場
羽鳥湖畔オートキャンプ場

レンタサイクルで湖畔を駆けぬけよう湖と山を望む絶景キャンプ場

キャンプ場は羽鳥湖の湖畔にあり、背後に布引山を望む絶景のロケーション。一部エリアはレイクビューとなっている。オートサイトは、段差や小さな木々で区画されており、ほどよくプライベート感がある。コテージには、風呂や寝具、冷蔵庫、電子レンジ、調理器具など、設備が充実しているので、別荘感覚でリラックスして過ごすことができるのがうれしい。サニタリー棟は全3棟あり、うち1棟にはシャワーやランドリーを完備。炊事場はすべて給湯設備付、トイレはウォシュレット付便座。管理棟はホテルのフロントのような内装で、売店では薪・炭・網などのBBQに必要なアイテムや、着火剤・虫除けスプレーなどが揃う。HPではドローンで空から撮影したキャンプ場や、各施設を詳細に紹介した動画が掲載されているので、ぜひチェックしてみよう。
🏕️ 福島県 » 天栄村¦🚙 東北道 » 白河IC
もっと見る

『 ガルビィ 』&『オートキャンプ場ガイド』

【オートキャンプ場ガイド】今年もいよいよ発売!
【オートキャンプ場ガイド】今年もいよいよ発売!
ビギナーからベテランまでキャンプをするすべての人に役立つガイドブックが今年も発売されました。全国の書店、オンライン書店で購入可能となっていますので、ぜひ手にとって見てください。500円クーポンも付いています!首都圏から行く オートキャンプ場ガイド URL:https://www.j-n.co.jp/books/978-4-408-03516-1/関西・名古屋から行く オートキャンプ場ガイド URL:https://www.j-n.co.jp/books/978-4-408-03517-8/
 ガルビィプラス
厳選!最新オープンキャンプ場情報 ガルビィ4月号発売中
厳選!最新オープンキャンプ場情報 ガルビィ4月号発売中
もうひとつの目玉特集は「キャンプ場」情報ガルビィキャンプとアウトドアの専門誌「ガルビィ」4月号が発売になりました。特集は「最新&話題のキャンプ全情報」。新作ギアカタログやインプレッションのギア特集に続き、もう一つの目玉が「キャンプ場」の特集です。新オープンキャンプ場を厳選して特集全国で昨年も多くのキャンプ場がオープンし、今年2年目のシーズンを迎える。今回はそんなオープンしたばかりの注目のキャン プ場を編集部が厳選してご紹介しています。どんなコンセプトで、な にをポイントにキャンプ場選びをすればいいの か、自然や施設、本格派かビギナーか、食事かペッ トかなどキャンパーにとっての優先順位はいろいろです。新しいキャンプ場が <ウリ>にしている遊びの要素はなにか? 今まで行ったことのないエリアで新しい楽しみが広がります。ぜひ新しいキャンプ場で新しいキャンプ体験をしてみてください。人気企画「キャンプ場ラリー」がスタート! エントリー方法、賞品を公開!そして、毎年行われているロングラン企画「キャンプ場ラリー」が今年もいよいよ開幕します。指定のキャンプ上でキャンプをしてスタンプを集めると、アウトドアメーカーの豪華キャンプギアが抽選で当たるという人気の企画です。その賞品や、エントリー方法が誌面で公開されています。ぜひいろんなキャンプ場を巡ってみてください。いろんな情報てんこ盛りでお送りする新シーズンスタート号の4月号。ぜひ今年のキャンプライフの計画を、ガルビィを眺めながら考えてみてくださいね!グリーンの表紙が目印です。ぜひご覧ください。↓↓試し読み・購入は富士山マガジンサービスへhttps://www.fujisan.co.jp/product/464/
 ガルビィプラス
注目の新製品をいち早く入手先行インプレッション ガルビィ4月号 新発売!
注目の新製品をいち早く入手先行インプレッション ガルビィ4月号 新発売!
特集は「最新&話題のキャンプ全情報」キャンプとアウトドアの専門誌「ガルビィ」4月号が発売になりました。いよいよアウトドアシーズン開幕を控え、情報満載でお届けします。その一部をご紹介します。注目の新製品を、いち早く入手して、使って触ってレビューをお届け!アウトドアメーカーのピカピカの新商品や話題の製品を、いち早く入手してキャンプ場で開封!ベテランキャンパー、アウトドア業界通、ガルビィ愛読者などさまざまな人が実際に見て、触って、素直に商品のインプレッションをお届けしています。必見!アウトドアギア新製品ALLカタログさらには、新製品を一堂に集めて、オールカタログを掲載。このシーズン欲しいものはなんですか? このカタログを眺めながら、キャンプへの思いを馳せてみるのも楽しいですよ!グリーンの表紙が目印です。ぜひご覧ください。↓↓試し読み・購入は富士山マガジンサービスへhttps://www.fujisan.co.jp/product/464/
 ガルビィプラス
もっと見る

PR block

page top